無料競馬予想サイト口コミ評判【2019年4月最新版】 » 体験談 » 

競馬予想の基本は単勝予想

読了までの目安時間:約 4分

競馬予想の方法には様々な方法がありますが、大きくわけるとデジタル的な予想とアナログ的な予想という方法があげられます。

 

デジタル的な予想方法は、過去のデータや馬や騎手などの成績などを予想に取り入れたり、有名なところでは指数系の予想で、スポーツ新聞に掲載されている指数なども人気の予想方法だといえます。一方でアナログ的な予想は、パドックや調教などを含めた様々な経験などを取り入れた予想方法になります。一般的にはデジタル的な予想が競馬予想方法として、理解もしやすく比較的多くの競馬ファンが好む方法だといえます。
デジタル予想と呼ばれる中でも、回収率重視の買い方や的中率重視の買い方まで幅が広く存在していますが、競馬予想には正解も不正解もなく、結果的に長期的にプラス収支にできる予想方法が勝てば官軍という意味でも正解としてとらえるのが基本になるのではないかといえます。

 

個人的にはどのような方法も否定はしませんが、根拠のない予想に大金を賭ける事はできないので基本的には単純に予想方法だけを情報としてとらえるのではなく実際に自分でレースを観る事をお奨めします。
中央競馬でも良いですが、地方競馬である南関東競馬のレースなどを観ると展開や枠順、脚質というものが理解できますし、予想にも大事な事だと理解できるようになります。中央競馬でも同じような事が言えますが、レースの数や展開がはっきりしやすいという意味で地方競馬を観る事をすすめました。
実際に馬券という意味では中央競馬でも問題はありませんし、馬券種類も単勝でも複勝でも良いと思いますし、馬連や馬単でも問題ありません。ただ、はじめの頃は単勝を予想できるようにする事を強くおすすめします。やはり勝ち馬を当てる事が基本になりますし、馬単やワイド馬券にも影響をしてくるので必要になると思います。実際に買う馬券は複勝でも構わないのですが、あくまでも単勝を予想した上での複勝が基本になります。

 

仮に次のようなケースの場合には、どちらの馬券を購入するのが良いと言えるのでしょうか?Aレースは、16頭立てで脚質は差し。Bレースは13頭立てで脚質は先行。オッズは共に1.8倍です。
実際の予想では、この他に他の馬脚質や騎手、競馬場などの要素を加えていくことになりますが、これだけのデータであれば、間違いなくBレースの1.8倍の方がより信頼のできる馬といえます。あくまでも予想の部分的な事になりますが、やはり差し馬というのは、比較的中断から後方でレースを行い最終コーナーで上位に食い込むような脚質の場合が多いので多頭数の場合には前が塞がってしまう事が多くなります。頭数が少ない場合や比較的前でレースをする馬にとっては、前が塞がる危険性は少なくなるので有利にレースが展開する事が多くなります。

 

これは、あくまでも一例で絶対的な事ではありませんが、少しでも勝てなくなる要因がある場合にはマイナスとして考える事でレースの選択方法も変わってきます。これに、先ほども触れているように、騎手が出来るだけリーディングが上位の方が有利だと言えますし、勝ったことのない未勝利の1番人気よりも、実績のある1番人気の方がより予想がしやすいレースという事になります。
3会場で開催の場合には、36頭の1番人気が存在しますが、レースの種類や騎手、脚質など自分なりにあまり多くない予想ファクターをつくる事で精度を高めていくと長い目で見ると堅実に勝てる馬が見抜けるような予想ができるようになっていきます。あくまでも競馬予想は絶対ではありませんが、より可能性を高める事が勝てる競馬予想になります。

競馬予想はレースの記憶を頼りにするのが基本

読了までの目安時間:約 3分

競馬予想は一言で言ってしまえば記憶の積み重ねですから、一つ一つのレースやそのときの予想について忘れず覚えておくことがとても大切です。実際に競走馬が走ったレースは、そのすべてが競馬予想の参考になりますので記憶しておくことは決して無駄にならないです。

 

たとえば、大外で1番人気になった馬が常に外を走らされて負けてしまった場合、それは実力足らずの負けと必ずしもいえるでしょうか?明らかに大敗してしまった場合は除くにしても、その競馬をして一桁着順におさめていたらそれは次走で見直したほうが良いです。次に大外ではなく真ん中かそれよりも内の枠を引いたときに、もしかしたら巻き返せるかもしれないからです。

 

そのレースのことをしっかりと覚えておけば、次のレースで競馬予想するときに必ず役立ちます。ただ、ここで気をつけて欲しいのはその次のレースが随分先になる可能性があるということです。競馬は中1週続きでレースに使い続けることもあれば、そうではなくて半年、もしくは1年近く休養することもあります。そうなるとすっかり前のレースの記憶が抜け落ちていて、忘れていたりします。それではせっかくねらい目だと思っていた予想も意味がなくなってしまいますので、そこは忘れないようにしたいところです。

 

競馬新聞のデータだけでは細かいレース状況はわかりませんので、そこはやはりレースを見た記憶が頼りになります。今はパソコンを用いたデータ予想が主流なのかもしれませんが、それだけではない醍醐味が競馬予想にはあります。それは人の頭を使った細かい記憶をもとにした予想であり、どちらかといえばそちらのほうが当てたときの満足感は強く感じます。

 

これらの競馬予想をするためには、レースをじっくりと観戦してそのレースがどういうものだったのか冷静に分析する必要があります。競馬予想は馬券の勝ち負けが重要ですからついついそこばかり注目してしまいがちですが、それだけでは進歩がありません。それだけにしないためには確かな分析力が必要になってきますので、いろいろなレースをどんどん分析していく癖をつけたほうが良いです。

 

それができてくると競馬予想がとても楽しくなってきますし、読み通りに当たったときは快感です。最終的にはその競馬予想方法で万馬券をゲットできればそれに越したことはなく、そうするとトータルでプラス収支になりやすいです。ですので、競馬予想をするならレースの記憶を頼りにするのが基本なのです。

競馬場のすすめ

読了までの目安時間:約 3分

競馬と聞いてどんなイメージをいだくでしょうか。一昔前の競馬しか知らない方にとっては単なるギャンブル、そしてがらのわるいご高齢の方々のたまり場、お金に困っておるような方々でいっぱい、とっつきにくいというイメージをもっているのではないでしょうか。しかし、現在の競馬に関しては一切そんなことはありません。もちろん、ヨーロッパのように競馬場には帽子をかぶって、ドレスコードがあってというほどの規定があるわけでもありません。
とにかく、大衆的に楽しめるレジャーとしての位置づけとして競馬をとらえていただければ問題ありません。では、実際に競馬場でどういったレジャー気分が味わえるのか具体的にご紹介したいと思います。
まずは家族連れでも楽しめる点です。競馬場は競走馬が走るトラックの内側は芝生が敷いてあったり、子供が遊ぶことが出来るアスレチック施設があります。競馬を楽しむ以外にも家族でお弁当を持って行って、ピクニック気分で楽しむことが出来る環境になっています。また、馬とのコミュニケーションという意味で馬車に乗ることができたり、競馬場の入り口でポニーがお出迎えしてくれたり、お子様のためにジョッキースタイルで競走馬にまたがって記念写真がとれたりします。これだけでもファミリー層にとっては非常に魅力的ではないでしょうか。さらにはファミリーではなくとも競馬初心者にとっては競馬の馬券の購入方法を教えてくれるセミナーがあったり、レクチャーを行う常設のコーナーが開設されていますので初心者でも安心です。これだけでは、女性の方々にちょっとハードルが高いと感じられることもあるかもしれません。ところが最近は競馬女子を増やそうという心もみ盛んです。競馬場によっては女性優遇デーを設けたり、飲食店も女性向けの専門店やメニューを施したりしています。こうした取り組み以外にも物産展があったり、子供向けのヒーローショーがあったりと本当に丸一日仮に競馬をしない方でも楽しむことができる環境になっています。こうした情報はJRAのホームページで常に最新情報が発信されていますのでチェックしてもらえたら幸いです。最近では何といっても各競馬場の桜のシーズンだったのでお花見を楽しみながらの競馬観戦というパターンが一番楽しむべきルートになっていたと思います。これからのシーズンもいろいろな楽しみ方がありますので是非チェックの上、だまされたと思って一度競馬場に足を運んでください。

競馬予想は頭の柔軟体操です

読了までの目安時間:約 3分

競馬予想は頭の柔軟体操になります。
競馬予想をする際、まずは競馬新聞を広げ、どのような競走馬が出走しているのかを確認します。その中には見たことのある馬、見たことのない馬が混じっていることでしょう。見たことのある馬であれば、その馬がどのようなレースをしていたのかを思い出しましょう。
脚質はどうなのか、気性はどうなのか、馬体はどうなのか等々です。
こうしたことを思い出しながら、それでは今回はどのようなレースをするのだろうかと考えます。
一方で、見たことのない馬に関してです。これは字面で推測するしかありません。
その推測の手掛かりが、競馬新聞に記載されている馬柱です。ここには過去のレースが掲載されていますので、その馬がどのようなレースに出走し、どのようなレースをしたのかが分かるようになっています。
また、血統も重要な手掛かりです。大レース向きの血統もあれば、そうでない血統もあります。短距離が得意な血統、長距離が得意な血統、芝が得意な血統、ダートが得意な血統など様々です。こうしたことを加味した上で、全体のレースの流れを想定します。
逃げ馬が多いのか少ないのか、差し馬が多いのか少ないのか。これだけでレースの流れはガラリと変わります。
単純に考えれば、逃げ馬が少ない方がスローペースで流れるために、前へ行く馬の方が有利になります。逆に逃げ馬が多ければ、ハイペースで流れるために後ろを行く馬の方が有利になります。そのため、出走各馬の脚質は非常に重要になるわけです。
また馬場状態も重要な要素です。近年は芝が荒れ辛くなっており、以前のように開催が進んだからといって内馬場が荒れるというケースも減りました。
逆にローラーをかけるなどして、開催最終日まで綺麗な馬場で行われることも珍しくはありません。そうなりますと、結局前へ行く馬、内内を通っていける馬が距離ロスも無く好成績を収めることが出来るんですよね。
そして最も重要なのが、騎手の存在です。現在は騎手の勝ち数も二極化しており、勝ちまくる騎手が出てくる一方で、年間を通して殆ど勝ち星を挙げられない騎手もいます。
残念な話ですが、そのように勝てない騎手を買っても馬券は当たりません。勝てる騎手を買うことが、結局競馬予想で成功する大きな要素となっているのです。
以上のように、競馬新聞とは記憶と閃きのるつぼと化しています。特に記憶力は重要視されますので、競馬予想はまさしく頭の柔軟体操であると言えるでしょうね。

私にとって競馬は最高の推理ドラマです。

読了までの目安時間:約 4分

私は競馬をやり初めてもう30年位になります。

 

最初は友達に新潟競馬場に連れて行ってもらいました。

 

新潟競馬場ではその当時地方競馬もやっていて平日でも競馬をやっていました。

 

競馬場の近くには厩舎もありとてもにぎやかでした。

 

また地方競馬の馬券売り場に行くと予想屋さんがいてとても軽妙に予想している様子はとても引き付けられました。

 

私も予想券を購入しましたがいっぱい書いてあってこれだけ買ったらどれか当たるでしょうと思いました。

 

最近では地方競馬も無くなりちょっと寂しくなっています。

 

公営競馬では新潟は夏競馬でとても有名です。

 

開催している期間は全国各地から競馬場に訪れるお客さんで大変にぎわっています。時々G1レースをやる時がありますがその時は凄いです。

 

また武豊騎手がくると競馬ファンだけでなくてもお客さんが殺到します。

 

地方のニュースになり翌日の新聞に出るくらい武豊騎手の人気は凄かったです。

 

わたしが競馬で一番感激したレースはオグリキャップです。

 

1990年怪物オグリキャップは年末の有馬記念に出ました。

 

その時の騎手は武豊騎手でした。

 

役者は揃いましたが人気はいまいちで一番人気ではありませんでした。
おかげでオッズもちょっと良かったので買いました。

 

その頃は今の様にいろんな買い方がなく単勝 複勝 枠連のこの3通りしかありませんでした。私は枠連で購入しました。
一万円くらい勝たせてもらったと思います。

 

レースも盛り上がりましたオグリキャップ奇跡の復活そして私は買っていたのでとにかく興奮しました。

 

それ以来私は武豊騎手には一目置いて買うようにしていました。

 

お陰様で武豊騎手の活躍でかなり勝たせていただきました。
競馬の買い方には私の様に好きな騎手で買ったり血統を見て買うやり方最近ではディープインパクトの子供が大変活躍しているのでそれを買うと勝てる時があります。

 

後は馬を管理している厩舎で選んだりとにかく買い方にはいろいろあります。

 

それらを全て考えて競馬の馬券を購入する。

 

私にとって競馬は最高の推理ドラマです。

 

当たった時の感動はたまりません。

 

今年の有馬記念どんなドラマがあるか今から楽しみです。

競馬予想のスタイルは人それぞれです

読了までの目安時間:約 3分

私は競馬を始めて20年のキャリアになりますが、競馬予想に関しては人それぞれのスタンスがあって良いと思います。正しく競馬の予想には100%の正解がないので、自分自身の信じる競馬予想のスタイルを貫くのが最も楽しいものではないでしょうか。

 

ちなみに私の場合は自分の好きな競馬新聞を片手に、さらに自分の好きな予想家の予想を参考にしながら競馬の馬券購入を行うことにしています。ではどういった形は予想をすればよいのでしょうか。

 

まずここで重要なのは自分が好きな競走馬を応援するスタイルか、競馬の収支に重きを置いて予想を行うお金に固執するスタンス下の2つの選択肢になります。

 

前者の場合は土曜日日曜日だけではなく週の前半から自分の好きな馬が出走するかどうかをチェックして毎日スポーツ新聞や競馬専門チャンネルと向き合うことになるでしょう。

 

逆に馬券の当たり外れを重要視するお金に固執するパターンは様々なデータを取り入れなければならないのでそれなりに投資も必要になってくるものです。

 

いずれにしても競馬予想を行うには何らかの客観的なデータを必要とすることになります。

 

それが最近では競馬専門誌だけではなくインターネットでもさまざまな情報が配信されるような時代になっています。

 

その数ある情報の中で何を参考にするかと言うのが1番のポイントになるということです。

 

もちろん有料の情報や無料の情報様々ありますが何が自分に合っているかは試してみなければわかりません。

 

自分の予想スタイルに合った情報かどうかはその情報と馬券に照らし合わせて結果まで見てみることでようやくわかるようになるものです。

 

最終的には競馬は馬券を買ってその結果をチェックすることでその予想の価値がわかるようになります。

 

100%の馬券的中はありませんので自分が納得できる結果がどうかをまずは見極めるようにしましょう。冒頭にも述べましたが競馬予想のスタイルについては人それぞれで良いと思います。

無料予想
体験談