無料競馬予想サイト口コミ評判【2018年10月最新版】 » 競馬予想の参考にするものについて

競馬予想の参考にするものについて

馬券を買われるときの競馬予想の参考にするものと言えば定番なのは新聞でしょう。

 

スポーツ新聞はじめ競馬新聞と呼ばれる専門紙など読まれる人が多いと思います。しかし競馬の初心者にはどう読んでいいのかわからないという人にここでは競馬新聞の見方をお教えいたします。

 

競馬新聞はその日出走する馬がどんな馬なのかある程度の情報がほぼ網羅されています。競馬新聞の出走表の中にあってもっとも重要なものが馬柱「うまばしら」「ばちゅう」とよばれる各馬の競走成績欄です。

 

通常は1頭ずつ縦に長く連ねられており(横書きの新聞は横に連ねている)それが柱のように見えることから、馬柱と言われています。

 

新聞によって仕様はことなりますが、直近の出走したレースの成績で構成されるのが一般的で、おおむね5レースくらい前まで記載されています。各競走成績の詳細には、日付、競馬場、レース名、着順、騎手、斤量、上がり3ハロンのタイム、各コーナーでの位置取り、勝ち馬、勝ち馬との着差などが記載されています。

 

これによってそのレースを見ることなく、おおよその各馬の競走成績と調子の良さ悪さ、逃げ、追い込みなどの脚質イメージできることにより馬券の予想の参考にすることができます。

 

競馬新聞の中でも一番の中心で特徴的なものともいえる◎や○、▲などの本命、対抗等の印などがある予想欄です。各社とも名物の予想者を入れて各社の特色を出しています。

 

またトラックマンと呼ばれる記者が関東では、美浦トレーニングセンターの取材を、関西では、栗東トレーニングセンターの取材を担当しそれぞれ名を連ねています。このほかにも調教師のコメントや記者のコラムなどがありこれらも予想の参考の足しになります。

 

このように競馬新聞には多様で重要な情報が紙面せましと詰め込まれており、これらを読み込み推理立てることで馬券購入の予想をしていきます。これから競馬を始めたいとお考えの人はまずは新聞を読むところから始めてみてはいかかでしょうか。

 

無料予想
体験談